「今すぐダイブ」--ダイブコンピューターアプリ「Oceanic+」が日本語対応

 アップルのスマートウォッチ「Apple Watch Ultra」をダイブコンピューターとして活用できるアプリ「Oceanic+」が日本語に対応した。App Storeからダウンロードできる。

Apple Watch Ultraのスタートボタンも日本語に
Apple Watch Ultraのスタートボタンも日本語に

 日本語対応に伴い、スタートボタンの表記が「Start SCUBA」から「今すぐダイブ SCUBA」へと変わっている。

 Oceanic+は、AppleとHuish Outdoorsとのパートナーシップにより開発されたアプリケーションだ。Apple Watch Ultraは、Apple Watch Series 8の2倍となるWR100の耐水性能と国際的に認められたダイビングアクセサリの規格「EN13319準拠」を備える。レジャーダイビングの範囲とされる水深40mまでのスキューバダイビングと40mまでのフリーダイビングに対応している。

 なお、ダイブコンピューターとして利用するには有料のサブスクリプション契約が必要で、1日限りの「One day」プランが800円(初回160円)~。

日本語以外も、多くの言語に対応
日本語以外も、多くの言語に対応
ホーム画面も日本語に対応した
ホーム画面も日本語に対応した

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]