アップルのMRヘッドセット、目と手の動きで操作できるトラッキング機能を搭載か

Stephanie Condon (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部2023年01月24日 15時31分

 Bloombergによると、発売が待たれるAppleの複合現実(MR)ヘッドセットは、競合製品とは一線を画すユニークなデザイン要素と機能を提供することになるという。

ヘッドセットを装着した人

 「Reality Pro」と呼ばれる見込みのこのデバイスは、ハンドコントローラーが付属する他のヘッドセットとは異なり、手と目だけで拡張現実(AR)と仮想現実(VR)環境を操作できるという。ヘッドセットの外部カメラがユーザーの手の動きを、デバイス内のセンサーが目の動きを追跡する。これにより、ユーザーは視線や、親指と人差し指でピンチすることでデバイスを操作できる。

 同社は、Appleユーザーが慣れ親しんでいるインターフェイスの実現に向け「iPhoneのOSの3D版を作ろうとして」いるという。つまり、「Safari」「App Store」「Apple TV+」といったアプリのVR版を取りそろえたヘッドセットが登場する可能性があるということだ。

 「FaceTime」の通話中には、リアルなVRアバターが提供される予定だと伝えられている。Bloombergによると、FaceTimeのアバターにはユーザーの顔と全身が表示される。ただし、リアルなアバターがサポートされるのは、ヘッドセットを装着した2人のユーザーだけで、他のユーザーはアイコンかミー文字を使って通話に参加することになるという。

 またデバイスの重量を考慮し、バッテリーはヘッドセット本体には搭載されず、外付けのパックに収納され、ユーザーのポケットからケーブルで接続されるという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]