ソニー、耳の前にスピーカーを浮かせるという新スタイルスポーツギア「Float Run」

加納恵 (編集部)2023年01月24日 10時19分

 ソニーは1月24日、ランニング時に最適なオープンイヤースタイルのスポーツギア「Float Run(フロートラン)」を一般販売すると発表した。耳の前にスピーカーを配置した独自のデザインで、圧迫感がなく、外の音が自然に聞こえる、ランナーのために考えたデザインを採用する。発売は2月3日。想定税込価格は2万円前後になる。

「Float Run」
「Float Run」
装着イメージ
装着イメージ

 Float Runは、2021年11月にクラウドファンディングサイト「Indiegogo」に登場。300台の目標台数を開始から5時間で達成するなど、注目を集めた。一般販売にあたり、Float Runという新たな愛称も名付けた。

 スポーツ時に使用するイヤホンの多くがオープンイヤーの骨伝導タイプなのに対し、Float Runでは通常のイヤホンなどと同様に、鼓膜経由で音を聞く形を採用。耳に直接触れない構造により、耳が痛くならない、通気性がよく蒸れない、足音が響かないなどのメリットが得られ、スポーツ時に使うイヤホンの多くの不満を解決できるとしている。

 外の音が自然に聞こえやすいことも特徴で、装着性の高さとあいまってリモートワークでの使用も推奨。つけていることを忘れるような装着感を実現しながら、口径16mmのドライバーの向きを耳穴に効率良く届ける角度に設置し、音漏れしづらい構造にするなど、高音質再生を目指したという。

 IPX4相当の防滴性能を備え、本体で最大10時間の使用が可能。10分の充電で約1時間の使用ができる急速充電機能も搭載する。

梱包材にはプラスチックフリーのものを採用
梱包材にはプラスチックフリーのものを採用
誤動作を起こしづらいボタン操作になっている
誤動作を起こしづらいボタン操作になっている

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]