アップル、「マップ」の店舗情報を管理できるツールを提供開始

Jason Cipriani (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 長谷睦 (ガリレオ)2023年01月12日 11時02分

 Appleの「マップ」は、地元や旅先でローカルビジネスの情報を探す場合に、筆者が頼りにしているアプリだ。しかし、リストアップされている情報が不完全だったり、営業時間が間違っているなど、不正確な情報だらけだったりすると、特に休暇中は腹立たしい気分になる。

Apple Business Connect
提供: Apple

 Appleは米国時間1月11日、マップアプリに表示される情報をビジネスオーナーが管理できる新しいツール「Apple Business Connect」を発表した。これによりオーナーは写真やロゴを追加したり、マップ上のさまざまな情報を正確なものに更新したりできる。

 ローカルビジネスが現在展開中のプロモーションや提供しているメニュー、割引などのサービスを表示できる機能もある。

 「Googleマップ」にはかなり以前から事業主向けの同様の機能があるが、Appleがようやくこの機能を追加したことは評価できるだろう。

 自身がビジネスオーナーの場合は、Apple Business Connectのウェブサイトで、「Apple ID」を利用して同ツールにアクセスできる。

 Apple Business Connectには「Business Connect API」も含まれており、複数の店舗情報管理サービスとの提携により、チェーン展開している企業が容易に情報を更新できるようになっているという。

Apple Business Connect
提供: Apple

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]