ニューヨーク市、学校での「ChatGPT」利用を禁止

Dan Avery (CNET News) 翻訳校正: 編集部2023年01月05日 10時14分

 ニューヨーク市教育局は、管轄する学校組織のオンライン端末およびインターネットネットワークにおける「ChatGPT」へのアクセスを禁止した。

ChatGPTのロゴを表示したスマホとOpen AIのロゴ
提供:NurPhoto/Getty Images

 ChatGPTは、オンラインの膨大な情報源を基に、ユーザーの質問に会話形式で回答するほか、小論文を書いたり、絵を描いたりすることもできるAI搭載チャットボットだ。

 ニューヨーク市教育局は米国時間1月3日、教育ニュースサイトChalkbeatに対し、「学生の学習に対する悪影響と、コンテンツの安全性や正確性に関する懸念」を理由に、同サービスの利用を制限することを明らかにした。

 「疑問に対する回答を迅速かつ簡単に得ることができるかもしれないが、学問や人生で成功を収めるために不可欠となる、クリティカルシンキングや問題解決のスキル育成にはつながらない」と、同局広報のJenna Lyle氏は語った。

 学生や教員は、学校組織と関係のない端末からChatGPTに接続することは、これまでどおり可能だ。また、この次世代チャットボットの背景技術を学ぼうと考えている学校はアクセスを要請できると、同氏は付け加えた。

 ChatGPTを禁止したのはニューヨーク市が初めてだが、同市の教育局は米国最大の学校組織であり、これをきっかけに他の地域でも同様の動きが広がる可能性がある。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]