グーグル、スポーツ配信を拡大--「YouTube TV」でNFL放映権を獲得

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年12月23日 10時00分

 スポーツ配信に向けたGoogleの取り組みが大きく拡大する。米プロフットボールリーグNFLの2023年シーズンから、ほぼ全試合を放送するパッケージ「NFLサンデーチケット」が、米国で同社の動画配信サービス「YouTube TV」と「YouTube Primetime Channels」で配信されることになった。NFLとGoogleが米国時間12月22日に発表した。この契約については、20日夜から報じられていた。

NFLの試合をスマホで見る様子
提供:Sarah Tew/CNET

 YouTubeはまだ、NFLサンデーチケットの視聴料金を明らかにしていない。

 サンデーチケットの独占放映権はDirecTV が1994年から保持しており、Googleはそれを引き継ぐことになる。DirecTVはサンデーチケットの契約料として、近年は年間15億ドル(約1990億円)を支払い、NFLの試合を加入者の新規獲得と維持に活用してきた。今度はGoogleが、月額65ドル(約8600円)のYouTube TVと、通常のYouTubeアカウントから有料で視聴するYouTube Primetime Channelsで、サンデーチケットを同じように活用しようとしている。

 今回の契約に基づき、サンデーチケットは両サービスでそれぞれオプションとして配信される。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]