ホンダ、中国向けBEV「e:N」用のバッテリーをCATLから調達--2030年までの7年で123GWh分

 本田技研工業(ホンダ)の中国法人である本田技研工業(中国)投資は、中国で販売する電気自動車(EV)「e:N(イーエヌ)」シリーズ用のバッテリーを、中国のEV向けバッテリーメーカーである寧徳時代新能源科技(Contemporary Amperex Technology:CATL)から調達する(ホンダCATL)。2024年から2030年までの7年間で、合計123GWh相当のバッテリーをCATLから購入する契約。

中国向けEVのe:Nシリーズ(出典:ホンダ)
中国向けEVのe:Nシリーズ(出典:ホンダ)

 ホンダとCATLは2020年以来、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)用のバッテリーに関して戦略的な提携関係にある。両社は、バッテリーの共同開発や供給、リサイクル、リユースなどの分野で協業してきた。

 ホンダは、バッテリーEV(BEV)のe:Nシリーズを2027年までに10車種投入する計画だ。中国での販売拡大に向け、CATLとの契約を通じてバッテリーの長期安定調達を図る。

ホンダの中国電動化戦略(出典:ホンダ/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]