世界スマホ市場、2022年は9.1%減で低迷続く--回復は2023年の後半から

 IDCは、世界スマートフォン市場に関する見通しを発表した。2022年の出荷台数は12億4000万台で、前年に比べ9.1%少なくなると見込む。需要の低迷や中国経済の後退による悪影響は今後も続き、市場の回復にはまだ時間がかかるという。

 ただし、2023年の前半は厳しい状況が続くものの、下半期にほとんどの地域が成長に転ずると予想。出荷台数は、前年比2.8%増の12億7030万台とした。そして、2026年には13億9320万台まで増え、その間の年平均成長率(CAGR)を0.5%とした。

 OS別出荷台数などの予測値は以下のとおり。

Android

  • 出荷台数(2023年):10億3690万台(前年比:3.1%増)
  • 出荷台数(2026年):11億4570万台(前年比:2.5%増)
  • CAGR:0.4%

iOS

  • 出荷台数(2023年):2億3350万台(前年比:1.3%増)
  • 出荷台数(2026年):2億4750万台(前年比:1.9%増)
  • CAGR:1.0%

合計

  • 出荷台数(2023年):12億7030万台(前年比:2.8%増)
  • 出荷台数(2026年):13億9320万台(前年比:2.3%増)
  • CAGR:0.5%
スマートフォン出荷台数の推移(出典:IDC)
スマートフォン出荷台数の推移(出典:IDC)

 スマートフォンのタイプ別では、5G対応機の出荷が世界的に増えていて、2022年は全体の半分強を占める見通し。この割合は、2026年に80%まで上昇する。

 また、折りたたみ式スマートフォンの出荷台数は2022年時点で全体の1%から2%にすぎないが、今後の価格低下やメーカーの参入により、確実に増えていくという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]