2022年の世界PC&タブレット市場、11.9%の大幅減--2023年も続く減少、PCは2024年に復活

 IDCは、PCとタブレットの世界市場に関する調査結果を発表した。2022年も市場の縮小が続き、出荷台数は4億5680万台で、前年比11.9%減と見込む。2023年も引き続き減少し、出荷台数はPCが前年比5.6%減の2億8100万台、タブレットが同6.7%減の1億4800万台と予想している。

 出荷台数が急減し、マクロ経済の悪化や過剰在庫、PCやタブレットが行き渡った市場といった悪条件はあるものの、出荷台数はCOVID-19パンデミック以前の水準だ。ただし、積み上がった在庫の影響で平均販売価格が下がっていて、販売業者などは強い価格引き下げ圧力にさらされている。

 2024年には、景気回復とWindows 11への移行や、PC買い換えサイクル到来が重なり、PCの出荷台数の増加が期待される。2022年から2026年の5年間で、出荷台数の年平均成長率(CAGR)は、PCが1%強。これに対し、タブレットはマイナス1.7%という。

PCとタブレットの出荷台数(出典:IDC)
PCとタブレットの出荷台数(出典:IDC)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]