ロールス・ロイス、燃料が「グリーン水素」の航空機用エンジンを試作--地上試験に成功

 Rolls-Royceと、英国のLCCであるeasyJetは、水素燃料による航空機用エンジンの試験を成功させた。この種のエンジンの動作確認は、世界初だそうだ。

地上試験を実施(出典:Rolls-Royce)
地上試験を実施(出典:Rolls-Royce)

 試験に使用した水素エンジンは、既存の航空機用エンジン「Rolls-Royce AE 2100-A」を改良したもの。水素を燃焼させて推力を発生させる。今回の地上試験により、水素エンジンが安全かつ効率的に実用可能と確認できたという。

 両社は、引き続き地上での試験を実施した後、飛行試験まで進めたい考え。

 なお、燃料として使った水素は、風力発電と潮力発電の電力で製造した「グリーン水素」である。

燃料はグリーン水素(出典:Rolls-Royce)
燃料はグリーン水素(出典:Rolls-Royce)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]