「X68000 Z LIMITED EDITION EARLY ACCESS KIT」のクラウドファンディングが12月3日から開始

 瑞起は12月1日、シャープが1987年に発売したパーソナルコンピュータ「X68000」のリメイク版「X68000 Z LIMITED EDITION EARLY ACCESS KIT」について、クラウドファンディング型ECサイト「Kibidango」を通じて、12月3日よりプロジェクトを開始すると発表した。

 
 

 同プロジェクトは、商品自体がリターンとなる購入型。12月3日19時より募集を開始し、2023年1月28日23時59分までに支援金額1口4万9500円(税込)、合計668口(約3300万円)の応募を目指すという。

 クラウドファンディングが成立した場合、2023年3月31日より順次発送を予定。同時に、同製品への意見や感想などを投稿できるコミュニティサイトの開設も予定する。

 同社によると、購入者からの生の声を積極的に取り入れたアップデートや商品開発を行うことで「X68000 Z」シリーズ全体の完成度を高めていくとしている。

 同製品は、オリジナルモデル「X68000」のフォルムやギミックを踏襲しつつ、同社の小型化・高速処理技術を用いてリメイク。左右分割ツインタワー型のマンハッタンシェイプやポップアップ式キャリングハンドル、2基のフロッピーディスクドライブなどを現代風にアレンジし、再現しているという。

 また、本体とキーボード、マウスの3点がセットになった「コンプリートセット」では、ゲームソフト数本を合わせて提供する予定。

 
 

 ソフトウェアは、現在実施中の「HACKER’S EDITION」でのテスト結果を反映し、オリジナルモデルのOS「Human68k」を再現した「β2版X68000エミュレーター」を搭載する予定。これにより、付属する専用SDカードを介して、ユーザーが保有する資産を同製品にて動作できるという(すべてのソフトの動作を保証するものではない)。

 ハードウェアは、インテリアとしても書棚などに飾ることができるように、重量は約600gで、サイズは約幅65×高さ114×奥行151mmと軽量・コンパクトに仕上げている。

 SoCには、4コアCPUを搭載。USB接続による拡張性も有するという。記録媒体として5インチフロッピーディスク風SDカードを採用するなど、オリジナルモデルの構成を生かした製品設計を行っている。

 同社は、初代モデル発売から35年以上が経過しても、多くのファンに親しまれている「X68000」シリーズの現存モデルが年々減少していることに着目。日本特有のホビーPC文化の継承と発展を目指す「Project Z」を発足した。

 同プロジェクトの発足当初は、2022年10月の詳細発表と予約開始、同年12月の商品発送を目指していたが、ユーザーに寄り添った製品にすることや権利関係の交渉が難航したことを理由に延期。

 その後、ファンの熱い声援のもと、作り手として責任をもって各方面と調整をした結果、商品として販売する目途が立ったことから今回の発表に至ったという。

 なお、初代X68000の発売当初から実機に触れている有識者に直接ニーズをヒアリングしながら、開発を継続しているとしている。

 
 

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]