インテル、96%の精度でディープフェイクを検出する新技術「FakeCatcher」

Jada Jones (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年11月18日 10時58分

 ディープフェイクは本物と見間違えるほどのクオリティーで作成できるため、ネット上では誤情報やデマ、詐欺行為が拡散される事例が相次いでいる。こうした状況を受けて、Intelはディープフェイクメディアを96%の精度で検出する新技術「FakeCatcher」を発表した

顔認識のイメージ
提供:Witthaya Prasongsin / Getty

 ディープフェイクは、機械学習や人工知能(AI)から派生した優れた技術を利用し、著名人や政治家が実際にはしていない行動や発言をしているように見せかけることで、恐ろしいまでに本物そっくりな偽者を作り出す。

 既存の技術では、ディープラーニングを利用してデジタル操作の痕跡を調査するため、ウェブユーザーがディープフェイクを誤って本物だと信じ込んでしまうと、その間違いを正すのに数時間かかることもある。

 Intelのプレスリリースによると、FakeCatcherは「われわれを人間たらしめるもの、すなわち動画のピクセルに表示される『血流』を確認する」ことにより、ディープフェイクをリアルタイムで検出できるという。

 Intelはこの技術について、血液が体内を循環するときの静脈の色の変化を識別できるとしている。顔から血流のシグナルを収集し、アルゴリズム使って変換することで、動画が本物かディープフェイクかを判別できるという。

 悪い結果を招かずに済むよう、ディープフェイクを見分けるためのソフトウェアを利用することの重要性はますます高まっている。ディープフェイクの動画や画像には、生々しいものもあれば、メディアへの不信感を植え付けるものもある。

 過去には、サイバー犯罪者らがディープフェイクを使って求職者を装い、企業の機密情報にアクセスしようとした事例もある。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]