iPhoneでハッセルをデジカメ化、Hasselblad用「DIGI SWAP」--Makuakeで11月中旬より

 ファイヤーワークスは、中判カメラ「Hasselblad(ハッセルブラッド)」に「iPhone」を取りつけてデジカメ化できるアクセサリーを発表した。クラウドファンディングサービス「Makuake」で11月中旬より、実現に向けたキャンペーンを開始する。早期支援価格(税込)は4万9800円。

iPhoneでHasselbladをデジカメ化(出典:ファイヤーワークス)
iPhoneでHasselbladをデジカメ化(出典:ファイヤーワークス)

 以前ファイヤーワークスは、各種フィルムカメラにiPhoneを取りつけるアクセサリー「DIGI SWAP(デジスワップ)」の支援キャンペーンをクラウドファンディングサービス「Kickstarter」で実施し、成功させた企業。今回発表したアクセサリーは、Hasselblad用のDIGI SWAPである。

 このアクセサリーでHasselbladの背後にiPhoneを装着し、専用アプリを使用すると、カメラのシャッターと連動して撮影し、画像をiPhoneに保存できる。シャッター速度や絞り、ピントの設定、巻き上げ操作、シャッター押下といったHasselblad本来の操作感で、Hasselbladに取りつけたレンズをいかしたデジタル写真が撮れる。Hasselbladのシャッターをバルブにして開けたままにすれば、iPhoneの画面でライブビューしながら撮ったり、ビデオ撮影したりすることも可能だ。

Hasselbladの背後に取りつけるアクセサリー(出典:ファイヤーワークス)
Hasselbladの背後に取りつけるアクセサリー(出典:ファイヤーワークス)

 取りつけ可能なHasselbladのモデルは「500C/M」「SWC/M」。対応iPhoneは、「13 Pro」「13 Pro MAX」「14 Pro」「14 Pro MAX」の予定。専用アプリの税込み価格は5900円。

 なお、Hasselbladについては、以前KickstarterでHasselbladに装着可能なチェキ対応フィルムバック「Hasselback Portrait」のキャンペーンが実施され、目標を上回る資金を集めることに成功している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]