「シャニマス」対バンライブ「MUGEN BEAT」で見た“無限の魅力を感じさせるステージ” - (page 2)

 DAY2も、アイドルたちによる注意事項のアナウンスやオープニングムービーの上映を経て、ライブがスタート。この日ユニットパートで最初に登場したのは、ストレイライト。「Transcending The World」を歌い、場内の熱量を高めていく。MCでは、DAY1のトップバッターだったアンティーカのカッコよさを称賛しつつも、それに負けないというライバル心を感じさせるトークを展開。

「Transcending The World」(DAY2)
「Transcending The World」(DAY2)

 「Timeless Shooting Star」を歌ったあと、DAY1では歌われなかった「Destined Rival」を披露。落ち着いたテンポながらも重厚な曲調とそれぞれの個性を見せるようなダンスパフォーマンスなどで、スタイリッシュな空間を作り出していく。そして「Wandering Dream Chaser」と歌い進めていった。

「Timeless Shooting Star」(DAY2)
「Timeless Shooting Star」(DAY2)
「Destined Rival」(DAY2)
「Destined Rival」(DAY2)
「Wandering Dream Chaser」(DAY2)
「Wandering Dream Chaser」(DAY2)

 2番目に登場したのはアンティーカで、まずは「バベルシティ・グレイス」からスタートし、DAY1ではイルミネーションスターズが歌った「幻惑SILHOUETTE」を披露。オリジナルユニットとしてアンティーカらしさを詰め込んだ魅惑の世界を表現していた。

「バベルシティ・グレイス」(DAY2)
「バベルシティ・グレイス」(DAY2)
「幻惑SILHOUETTE」(DAY2)
「幻惑SILHOUETTE」(DAY2)

 MCでは、DAY2もアンティーカらしく盛り上げていきたいといったことや、希水さんが中心となって、客席に呼びかけてコンサートライトが振られるコール&レスポンスが行われるなど、賑やかなトークも展開。そして「純白トロイメライ」「ラビリンス・レジスタンス」を歌い、独特な世界観を表現するステージを展開した。

「純白トロイメライ」(DAY2)
「純白トロイメライ」(DAY2)
「ラビリンス・レジスタンス」(DAY2)
「ラビリンス・レジスタンス」(DAY2)

 3番目に登場したのはイルミネーションスターズ。DAY2も前半は「Happy Funny Lucky」「We can go now!」を歌い、高めた熱量を輝きに変えて幸せな空気感を作り出していく。

イルミネーションスターズの登場シーン(DAY2)
イルミネーションスターズの登場シーン(DAY2)
「Happy Funny Lucky」(DAY2)
「Happy Funny Lucky」(DAY2)
「We can go now!」(DAY2)
「We can go now!」(DAY2)

 MCでは、DAY1とは異なる戦隊ものをイメージするような決めポーズを披露したほか、挨拶では灯織と近藤さんに向けて、それぞれが真乃とめぐる、関根さんと峯田さんとして語りかけるようなメッセージを送っていた。またDAY1で披露した「幻惑SILHOUETTE」に関するエピソードを語るなかでは、カメラ目線で“圧”のある表情を見せる一幕も。

イルミネーションスターズのMCパート(DAY2)
イルミネーションスターズのMCパート(DAY2)

 「スマイルシンフォニア」の披露とトークを経て、4曲目に歌ったのは「トライアングル」。このときは近藤さんの歌声も流れ、客席ではコンサートライトを三角形にして振る光景も見られるなど、3人とプロデューサーさんとの強い絆が見えるステージとなった。

「スマイルシンフォニア」(DAY2)
「スマイルシンフォニア」(DAY2)
「トライアングル」(DAY2)
「トライアングル」(DAY2)
「トライアングル」(DAY2)
「トライアングル」(DAY2)

 ユニットパートの最後はシーズ。ユニット曲は現状4曲となっているため、DAY1から順番を入れ替える形で披露。「Bouncy Girl」「OH MY GOD」と立て続けに歌い、MCではそれぞれ手で丸を作って、ふたりで合わせて「∞」(無限)を作る一幕も。またユニットの新衣装をよく見てもらおうと、自ら回って見せていた。

「Bouncy Girl」(DAY2)
「Bouncy Girl」(DAY2)
「OH MY GOD」(DAY2)
「OH MY GOD」(DAY2)
シーズのMCパート(DAY2)
シーズのMCパート(DAY2)

 そして「Fly and Fly」と「Fashionable」と歌い進め、シーズ色に染める圧巻のパフォーマンスでユニットパートを締めくくった。

「Fly and Fly」(DAY2)
「Fly and Fly」(DAY2)
「Fashionable」(DAY2)
「Fashionable」(DAY2)

 シーズが他のユニットを呼び込む際、DAY1でも話題として触れていた「Fashionable」の曲中にある「WOWWOWWOW」というコールをしながら登場しつつ、感想を語るトークでも盛り上がりを見せていた。

 シャッフルパートでは、まずストレイライトが、アンティーカの「革命進化論」をカバー。ユニットと楽曲の相性の良さを感じさせるほど、見せつけると言わんばかりの完成度が高いと感じさせるステージとなっていた。

「革命進化論」(DAY2)
「革命進化論」(DAY2)

 続いては、アンティーカによる放課後クライマックスガールズの「太陽キッス」をカバー。大きなどよめきが起きるなか、ハイテンションなタオル曲を披露。“陰から陽に”という言葉が思い浮かぶような光景と、アンティーカの仲の良さを感じさせる“わちゃわちゃ感”を伝えるものとなっていた。

「太陽キッス」(DAY2)
「太陽キッス」(DAY2)

 八巻さん、山根さん、菅沼さんの3人は、ストレイライトの「Hide & Attack」を歌う。それぞれが持つクールなところを前面に押し出す形で、カッコよさ全開といった感じのステージを展開した。

「Hide & Attack」(DAY2)
「Hide & Attack」(DAY2)

 関根さん、結名さん、幸村さんの3人が歌ったのは、アルストロメリアの「ラブ・ボナペティート」。ポップな楽曲にのせ、それぞれが持つ可愛らしさを存分に表現して、ふわふわとした雰囲気に包み込んでいた。

「ラブ・ボナペティート」(DAY2)
「ラブ・ボナペティート」(DAY2)

 関根さん、北原さん、峯田さん、山根さんの4人は、放課後クライマックスガールズの「クライマックスアイランド」を披露。それぞれの個性が光る掛け合いを織り交ぜながら、賑やかなステージで、さらにテンションを上げていた。

「クライマックスアイランド」(DAY2)
「クライマックスアイランド」(DAY2)
「クライマックスアイランド」(DAY2)
「クライマックスアイランド」(DAY2)

 シャッフルパートの最後となったのは、田中さん、紫月さん、礒部さんによるイルミネーションスターズの「ヒカリのdestination」。283プロのセンターユニットであるイルミネーションスターズの始まりの曲を、それぞれの輝きを示すように歌声を響かせていた。

「ヒカリのdestination」(DAY2)
「ヒカリのdestination」(DAY2)

 出演者全員がステージに姿を見せ、シャフルパートでそれぞれの想いやこだわり、意識したところなどをそれぞれに語る。そして「Dye the sky.」を力強く歌っていた。

「Dye the sky.」(DAY2)
「Dye the sky.」(DAY2)

 DAY1と同様に出演者が降壇し、アンコールを求める拍手を経て告知映像が上映。ここでは5thライブの開催告知も行われ、大きな拍手に包まれていた。

 アンコールとして出演者が再登場。終わりの挨拶として、それぞれにこの2日間にかけた思いや感謝、さらなる飛躍を誓う言葉が語られていった。そしてラストナンバーはDAY1と同じく「Ambitious Eve」で締めくくった。

「Ambitious Eve」(DAY2)
「Ambitious Eve」(DAY2)
DAY2終演時の様子
DAY2終演時の様子

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]