PayPay、インドに「Pay2 Development Center」設立--同社初の海外開発拠点

飯塚 直 藤代格 (編集部)2022年10月28日 18時22分

 PayPayは10月28日、インドのハリヤナ州に10月、同社初の海外開発拠点「Pay2 Development Center」を設立したと発表した。資本金は4100万ルピー(約7300万円)で、平川宗則氏がManaging Directorを務める。

 IT人材を豊富に抱えるインドに拠点を設立し、現地の優秀な技術者を採用する。日本とインドの二拠点の開発体制を実現し、開発スピードやプロダクト品質のさらなる向上を目指すという。

 
 

 PayPayは2018年の創業以来、インド大手のQR決済事業者であるPaytm(ペイティーエム)から技術支援を受けてきた。また、PayPayの開発部門はこれまで海外、日本の国籍を問わず、年間数百人に及ぶ人材を採用。外国人比率が約7割と人材のグローバル化が進んでいるという。

 Paytmの本拠地でもあるインドに同社初となる海外開発拠点のPay2 Development Centerを設立し、インドで数百人のエンジニアを募集する。

 日本と同等の開発拠点へと発展させ、二拠点での開発体制とすることで開発スピードを加速させる。プロダクト品質の向上も含め、開発力の抜本的な強化を目指すとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]