スマホプリンター「チェキ」、ARも楽しめる新モデル「INSTAX SQUARE Link」

 富士フイルムは10月27日、スマートフォンの画像をスクエアフォーマットのチェキフィルムに出力できるスマホプリンター“チェキ”「INSTAX SQUARE Link」を11月17日に発売すると発表した。


 富士フイルムは、Bluetoothを活用して専用アプリからスマホの画像をチェキフィルムにプリントできる「INSTAX Link」シリーズを展開。ワイドフォーマットのチェキフィルムに対応した「INSTAX Link WIDE」や、カードサイズのチェキフィルムにプリントできる「INSTAX mini Link 2」などをラインアップしている。

 今回発売するSQUARE Linkは、スクエアフォーマットのチェキフィルムに対応したモデル。写真の楽しみ方を広げる「AR Print」と「INSTAX Connect」の2つの新機能を搭載する。

 AR Printでは、専用アプリを活用し、SQUARE Linkで出力したチェキプリントをARエフェクトで彩ることが可能。「オリジナルコンテンツ」「写真を追加」「背景フィルター」「手書き」「テキストを追加」の5種類からARエフェクトを選択できるほか、「手書き」「テキストを追加」でオリジナルのARエフェクトを作成することも可能。ARエフェクトを重ねたチェキプリントの画面を動画や静止画として保存し、SNSで簡単に共有することもできるという。

キャプション

 INSTAX Connectでは、専用アプリを活用し、スマホの画像にメッセージを重ね合わせてプリントできる。スマホの画像をメッセージ付きで送り、相手からの返信メッセージとあわせてプリントする。写真とチャットを組み合わせたメッセージ付きチェキプリントで、写真を使ったコミュニケーションの楽しさを広げ、タイムリーでリアルなチェキプリントの新たな楽しみ方を提案していくとしている。

キャプション

 SQUARE Linkのカラーバリエーションは、アッシュホワイトとミッドナイトグリーンの2色。本体カラーに合わせた専用のハードケースと、スクエアフィルム用アルバムも同時発売する。

キャプション
キャプション
キャプション

 それぞれ価格はオープンだが、店頭想定価格(税込)は、SQUARE Linkが1万7800円、ハードケースが2300円、アルバムが1600円。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]