アップル、インダストリアルデザイン責任者が2023年に退職へ

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年10月24日 11時03分

 Appleのインダストリアルデザイン担当バイスプレジデントのEvans Hankey氏が、2023年に退職することになった。デザインのトップを務めた著名なJony Ive氏が辞めてから3年、同社は再び変化の時を迎える。

Appleの社屋
提供:Apple

 Hankey氏は、Appleのハードウェアデザインチームのトップとして、「Mac」から「AirPods」まで、幅広い製品のルック&フィールを統括し、ヒューマンインターフェースデザインのトップAlan Dye氏と連携してきた。Bloombergの報道によると、Hankey氏の退職について社内ではいち早く発表されていたという。Appleはこれを認め、同氏があと6カ月は同社にとどまり、業務の引き継ぎに協力すると説明した。

 Hankey氏の退職で、時価総額世界トップクラスのAppleは変化の時を迎えることになるが、これが重要な時期に重なる。各社の報道によると、Appleは2023年に発表の可能性があるヘッドセット製品について、最終調整に入っているとうわさされている。テクノロジー業界の関係者らは、仮想現実(VR)と拡張現実(AR)というまだ新しい市場にAppleが参入することで、Metaの最高経営責任者(CEO)のMark Zuckerberg氏などがこれまでになし得なかった形で、VRとARに大きな注目を集める可能性があると考えている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]