減量の広告にうんざり?グーグル、広告表示を調整できる「My Ad Center」提供開始

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2022年10月21日 08時24分

 Googleは米国時間10月20日、「Google検索」「Discover」「YouTube」など同社サービスに表示される広告について、サービスの動作を損なうことなく、ユーザーがより適切に管理できるようにする新機能「My Ad Center(マイ アド センター)」の段階的な提供を開始した。これにより、例えば減量、ギャンブル、出会い系など、興味のない広告カテゴリー全体をブロックできるようになる。

Googleの広告制御機能
提供:Google

 5月のGoogle I/Oカンファレンスで予告されていたように、My Ad Centerでは、特定の話題の広告を増やしたり、減らしたりするよう調整できる。広告のパーソナライズを完全に停止することも可能だ。

 これまでは、Google製品でパーソナライズド広告をオフにすると、一部の機能が使えなくなっていた。

 「これまでは、YouTubeの履歴がオンの場合、自動的にそれに基づいて広告がパーソナライズされていた。今後は、YouTubeの履歴を広告のパーソナライズに使われたくない場合、My Ad Centerでオフにでき、フィードのおすすめ表示に影響はない」と、広告担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのJerry Dischler氏は公式ブログで説明した。

 Googleにサインインしている場合は、検索に表示された広告の横にある3つの点のメニューをタップすると、My Ad Centerにアクセスできる。そこで、関連広告の表示を増やすか減らすかを選択できる。

 My Ad Center最下部の「Customize Ads」(広告をカスタマイズ)ボタンをタップすると、表示を増減したい話題やブランドを選択できる。酒、出会い系、減量、ギャンブル、妊娠と育児など、「センシティブ」な話題に関する広告を制限することも可能だ。

 最上部のボタンでパーソナライズド広告を完全にオフにしても、広告は表示される。カスタマイズされていないだけだ。パーソナライズド広告のオフ設定は、Google製品上の広告だけでなく、他のサイトやアプリでの広告表示にGoogleのツールを使用する企業の広告にも適用される。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]