Netflix、7-9月期は会員数241万人増--減少から一転

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年10月19日 08時43分

 Netflixの会員数が第3四半期に241万人増加し、上半期のかつてない規模の減少から一転し、予想を上回る力強い回復を見せた。

ストリーミングのイメージ
James Martin/CNET

 世界最大規模の動画配信サブスクリプションサービスであるNetflixは、米国時間10月18日の第3四半期決算報告で、会員数が7~9月の間に2億2309万人に増加したことを明らかにした。

 これは、会員数を100万人増としていたNetflixの7月の予測を上回っている。Refinitivによると、アナリスト平均予測はそれよりも少し高く、107万人増だったという。また、Netflixの第4四半期の予測もアナリスト予測を上回っており、アナリスト予測は420万人増であるのに対し、Netflixは450万人増を見込んでいる。

 会員数が最も多い地域にも変動があった。会員数で常にNetflix最大の市場だった米国とカナダでは、会員数の増加はわずか10万人で、合計7339万人だった。一方、欧州/中東/アフリカ地域では、57万人増加して7353万人に達し、同地域が新たにNetflix最大の市場となった。

 同社は現在、アカウント共有に追加料金を課すテストを少数の国で進めており、今回、この取り組みを2023年初頭に拡大することを明らかにした。

 Netflixの同四半期利益は14億ドル(1株あたり3.10ドル)だった。前年同期は14億5000万ドル(1株あたり3.19ドル)。売上高は79億2600万ドルで前年同期比5.9%増だった。

 アナリスト平均予測は、売上高78億3700万ドル、利益はNetflixの予測と同じで1株あたり2.14ドルだった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]