クラウドを使って街の明かりを変える「街演出クラウド YOI-en」--広域、多拠点を一括管理

加納恵 (編集部)2022年10月15日 10時32分

 パナソニック エレクトリックワークス社は10月14日、広域や多拠点の照明演出ができるクラウドサービス「街演出クラウド YOI-en」(YOI-en/ヨイエン)の提供を開始した。インターネット経由で離れた場所からも照明演出のコントロールが可能になる。同日からスタートしており、街づくり計画を進める自治体やデベロッパー、観光地域づくり法人など、BtoB向けに展開していく。

「街演出クラウド YOI-en」を使った「パナソニックセンター東京」の照明演出
「街演出クラウド YOI-en」を使った「パナソニックセンター東京」の照明演出
四季に合わせて使える「シーズンカラー」の演出例。写真は夏
四季に合わせて使える「シーズンカラー」の演出例。写真は夏

 YOI-enは、PCからインターネット経由でコントローラにつながった照明の制御ができるクラウドサービス。演出用のケーブルを設置できない道路などを跨いだ広域や、多拠点が連動した照明演出を実現できることが特徴だ。従来は、コントローラに演出用データの入ったPCを有線でつないでいたため、現地に赴くことが必要だったが、この部分をインターネットに切り替えることで、離れた場所からの照明演出の制御や、多拠点の照明を一度に演出することなどが可能になるという。

 演出システムは操作パソコンとコントローラをインターネットでつなぎ、コントローラから信号変換器を経て、照明器具を制御する仕組み。コントローラ、信号変換器、照明器具を操作パソコンから一括で管理できる。

「街演出クラウド YOI-en」の概要
「街演出クラウド YOI-en」の概要
コントローラと信号変換機
コントローラと信号変換機

 サービス開始時点では、四季をイメージしたシーズンカラーと光の動きなどで人に「回遊」や「滞留」などを働きかける「アフォーダンスライティング」などの演出コンテンツを用意し、クラウド上でコンテンツを選択するだけで照明演出ができるとのこと。演出コンテンツは、今後順次アップデートにより追加していく予定だ。カレンダー機能も備え、指定した日時に合わせて任意の演出を実施。不具合が発生した場合は、YOI-enから施設運営者にお知らせする機能も内蔵する。

「街演出クラウド YOI-en」で提供するコンテンツ。今後増えていく予定だ
「街演出クラウド YOI-en」で提供するコンテンツ。今後増えていく予定だ

 利用するには、コントローラと信号変換機を入れ替えることができ、照明器具はDMX制御ができる器具であれば、既存の照明をそのまま使用できるとのこと。発表会場となったパナソニックセンター東京でも、コントローラと信号変換器を切り替えただけで、常設の照明器具はそのまま活用したという。

 「従来は、VRシミュレーションや機材の導入支援をしていたが、今後は構想計画段階から参加させていただき、演出する企画の提案支援することを考えている。クラウドを使ったことで、ソフトウェアをアップデートし、つねに最新の設備を使っていただけるメリットもある。お客様とつながり続けることで、体験価値と運営支援を提供していきたい」(パナソニック株式会社 エレクトリックワークス社 ライティング事業部プロフェッショナルライティングBU屋外・調光事業推進部クラウドサービス推進課課長の上野山浩志氏)と新たなビジネスモデルを目指す。

 名称のYOI-enは、「宵(夜の初め)」と「縁(つながる)」を組み合わせた造語。街の明かりがクラウドでつながり、「良い縁」に結び付くことの願いも込めたとしている。

 パナソニック エレクトリックワークス社 ライティング事業部プロフェッショナルライティングBU BU長の熊澤龍也氏は「パナソニックでは、照明に従来から求められている省エネ性能や快適さのさらなる進化とともに、新たな体験価値を提供したいと考えている。街の明かりがクラウドでつながり、賑わいのあふれる街を創造していきたい」今後について話した。

 パナソニックでは、屋外演出照明事業の売上構成比を、2030年度に物販に対して25%(2021年度は約10%)まで引き上げることを目標に据えている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]