Twitter、自分へのメンションを許可する相手を管理する機能を開発中か

Zachary McAuliffe (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年10月14日 10時40分

 近いうちに、自分へのメンションを許可する相手を管理できるようになるかもしれない。エンジニアのJane Manchun Wong氏は、まだリリースされていないTwitterの機能を発見した。それは、自分のことをツイートでメンションできるユーザーとできないユーザーを管理できる機能だ。

Twitterのロゴを表示したスマートフォン
提供:Sarah Tew/CNET

 The Vergeが報じているように、Wong氏はこの機能のスクリーンショットを添えて、「Twitterは、自分へのメンションを許可する相手を管理できる機能を開発している」とツイートした。

 この機能には、「誰でもメンションできる」「フォローしている相手だけがメンションできる」「誰もメンションできない」という3つのオプションがある。デフォルトの設定では、誰でもメンションできるようになっている。

 こうした管理機能は、有害なツイートの中で他人をメンションできないようにすることで、Twitter上の嫌がらせを防ぐのに役立つかもしれない大きな変更だ。一方で、他者との会話の親密さを失わせる可能性もある。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]