沖縄県豊見城市のMaaS実証事業で電動三輪モビリティのシェアリングサービス

 Futureは9月28日、10月1日から沖縄県豊見城市において開始する電動三輪モビリティのシェアリングサービス実証事業に、MaaSプラットフォーム「沖縄 GOGO!シェア」を提供すると発表した。

 電動三輪モビリティのシェアリングサービス実証事業は、大和ハウス工業および、大和ハウスパーキングが、沖縄県豊見城市を対象に実施。地域住民や観光客の利便性向上、移動によるCO2排出量の削減を目指す。


 具体的には、大和ハウス工業が開発したショッピングセンター「イーアス沖縄豊崎」や瀬長島、オリオンECO美らSUNビーチなど市内6カ所に対し、同社が開発した環境配慮型電動三輪モビリティ「GOGO!Rシェア」を50台配置する。実証期間は10月1日からの3年間を予定し、利用度や環境貢献度、事業収益性の検証を進めていく計画。また、配置ポートは順次増加、入れ替え、利便性を高めながら展開していくという。


 利用者は、スマートフォンのMaaSアプリ「GOGO!シェア」のダウンロードと会員登録を行うことでレンタルできるようになる。アプリで開錠や施錠、料金支払いなどが可能で、利用料金は初乗りが10分110円。当日最大2980円のパック料金、定期利用なども用意するという。

 GOGO!Rシェアは、航続可能距離が50kmで、30~45kmまでの最高時速を設定できるという。ミニカー扱いのため普通自動車運転免許証の携帯が必要。ヘルメットの着用は義務付けられていないが、安全のため着用を推奨している。


 大和ハウスグループによると、沖縄県内にあるグループの商業施設、ホテルなどの複数の施設との連携も進め、グループ内のシナジーを高める方針だという。

 今後は、全国各地の大和ハウスグループ所有施設を中心としたエリアで、モビリティサービスの展開を検討。地域社会とより密着した活動を推進することで、生活利便性の向上と、グループが保有・管理する商業施設などの価値向上を図るとしている。

 Futureは、MaaSプラットフォーム「GOGO!シェア」を首都圏エリア、愛知県春日井エリア、愛知県名古屋エリア、三重県スーパーシティVISON、沖縄県那覇エリアなどで展開。今回の豊見城エリアへのシェアリングサービスの提供を通じ、豊見城市、糸満エリアの地域周遊利便性の向上や観光客誘致への貢献を目指す。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]