くずし字の古文書がAIで「読める、読めるぞ!」 --凸版印刷、解読用スマホアプリを開発

 凸版印刷は、“くずし字”で書かれた古文書を撮影し、現代の文字などに解読できるスマートフォン用アプリを開発した。2023年1月にiOSアプリのベータ版を公開し、3月よりApp Storeで販売する予定。

古文書を解読できるスマホ用アプリ(出典:凸版印刷)
古文書を解読できるスマホ用アプリ(出典:凸版印刷)

 このアプリを使うと、スマートフォンで撮影した古文書のくずし字を誰でも簡単に解読できる。木版を用いて印刷されたくずし字の解読が可能な「版本AI-OCR」と、手書きのくずし字に対応する「古文書AI-OCR」を組み合わせており、幅広い資料の解読に使えるという。代表的な書体「御家流」で書かれた古文書をAI学習に用い、解読精度は90%あるそうだ。

2種類のAIを組み合わせて使用(出典:凸版印刷)
2種類のAIを組み合わせて使用(出典:凸版印刷)
撮影するだけで解読できる(出典:凸版印刷)
撮影するだけで解読できる(出典:凸版印刷)

 2022年9月より、三井文庫、京都市歴史資料館、和洋女子大学などの協力を得て実証実験を進め、2023年のベータ版公開、正式リリースを目指す。アプリ販売だけでなく、法人向けの個別カスタマイズサービスやAPIサービスも提供する予定。販売価格は未定。

 凸版印刷は、同アプリやAPI、関連事業の展開により、2025年度までに約3億円の売上を目指すとしている。

開発したアプリの紹介ビデオ(出典:凸版印刷/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]