日立、エレベーター向けタッチレス操作パネル--物理ボタンなし、テンキー入力にも対応

 日立製作所と日立ビルシステムは9月13日、物理的な行先階ボタンがないエレベーター向けのタッチレス操作パネルを開発したと発表した。

 
 

 今回開発したタッチレス操作パネルは、エレベーターの乗りかご内にある行先階ボタンと置き換えるもので、パネル(液晶ディスプレイ)上に表示された行先階に指をかざすだけで、赤外線センサーが指の位置を検出。行先階の登録を行うことができ、タッチレスでのエレベーター利用が可能となる。

 通常の操作盤では建物の階数に応じて行先階ボタンを配置する必要があるが、タッチレス操作パネルは液晶ディスプレイ上に行先階を表示する形式のため、操作盤をシンプルかつ、コンパクトにできるという。

 ロビー階などのよく利用される行先階とフロア情報をセットで6つまで表示できるダイレクト登録画面と、画面上のテンキーで行先階を入力するキーパッド登録画面の2画面構成で構成。ダイレクト登録画面を初期画面とすることで、利用者の利便性が向上できるという。

 
初期画面となるダイレクト登録画面
 
 
 
キーパッド登録画面への切り替え

 表示する行先階やフロア情報は、建物のテナント構成の変化などに合わせてフレキシブルに変更できる。

 加えて、乗りかご内にカードリーダーを設置してパネルと連携させれば、カードに登録された特定階のみをパネルに表示させることも可能。これにより、セキュリティと利便性の向上を同時に実現できる。

 なお、同パネルは、2022年8月31日に竣工した東京ミッドタウン八重洲向けのエレベーターに先行的に搭載、納入されているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]