スティーブ・ジョブズ氏の言葉や映像を紹介する「Steve Jobs Archive」が開設

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2022年09月09日 07時44分

 故Steve Jobs氏に最も近しい3人の人物が、ウェブサイト「Steve Jobs Archive」を開設したことを明らかにした。Apple最高経営責任者(CEO)のTim Cook氏によると、「すべての人の可能性を呼び起こす場所」だという。

Steve Jobs氏

 Cook氏は、Appleの元チーフデザイナーであるJony Ive氏と、Jobs氏の妻であるLaurene Powell Jobs氏とともに、このアーカイブを開設した。3氏は、年次会議Code 2022に登壇してこのプロジェクトを発表し、Kara Swisher氏とともにハイテク業界のレジェンドであるJobs氏が遺した功績について語った。

 同アーカイブのウェブサイトにはこう書かれている。「Steve Jobs Archiveは、過去に対する敬意と未来に対する期待を基に、人々が自分なりの貢献をする手段と機会を提供する。Steveの価値観を反映し、彼の可能性をさらに前進させるプログラム、フェローシップ、コレクション、パートナーシップを構築していく」

 ウェブサイトには現在、Jobs氏の思想や信念に関する洞察を与える、テキスト、音声、動画など、さまざまなコンテンツが掲載されている。

 例えば、Jobs氏が2010年に自分自身に送信した電子メールがあり、その中で同氏は、人間が互いに依存し合う関係について思いをめぐらせている。そのメールには、「私は自分の服を作っていない」「自分で発明や改良をしたわけではない言葉を話している」などと書かれている。

 同サイトにはその他に、1997年にAppleの「Think Different」広告キャンペーンのナレーションとして録音されたJobs氏の音声や、2005年にスタンフォード大学の卒業式でスピーチした際の映像などが掲載されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]