V8エンジンの咆哮を放つEV「Dodge Charger Daytona SRT Concept」--マッスルカーを再現

 StellantisグループのDodgeは、ガソリンエンジンのエキゾーストノートを再現できる電気自動車(EV)のコンセプトカー「Dodge Charger Daytona SRT Concept」(ダッジ・チャージャー・デイトナSRTコンセプト)を発表した。

エキゾーストノートを再現するEV(出典:Stellantis
エキゾーストノートを再現するEV(出典:Stellantis

 Dodge Charger Daytona SRT Conceptは、新開発の駆動システム「800V Banshee」を搭載するバッテリーEV(BEV)。強力なパワーでファンの多いマッスルカー、Dodge Chargerの走りや見た目だけでなく、フィーリングまで踏襲するという。

マッスルカーのデザインを踏襲(出典:Stellantis)
マッスルカーのデザインを踏襲(出典:Stellantis)

 エンジン音は、特許出願中の技術「Fratzonic Chambered Exhaust」で再現する。その音量は、「Dodge Challenger SRT Hellcat」(ダッジ・チャレンジャーSRTヘルキャット)と同程度の126dBにも達するそうだ。

インテリア(出典:Stellantis)
インテリア(出典:Stellantis)

 EVだが変速システム「eRupt」も備え、エンジン車のような走行が体験できる。ハンドルに設けられたボタンで動作モード「Auto」「Sport」「Track」「Drag」を切り替えると、それに応じて走行モードやディスプレイの表示、エキゾーストノート、車内の照明が変化する。さらに、「PowerShot」ボタンを押すと急激な加速が味わえる。

Dodge Charger Daytona SRT Conceptの紹介ビデオ(出典:Dodge/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]