サムスン、新しい半導体研究開発施設に着工--2028年までに約2兆円を投資

Cho Mu-hyun (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年08月22日 11時55分

 サムスンは現地時間8月19日、2028年までに約20兆ウォン(約2兆円)を投じて、韓国で新しい先進的なチップ研究施設を建設すると発表した。

提供:Samsung
起工式に参加するサムスンの副会長、李在鎔氏(左から2番目)
提供:Samsung

 器興(キフン)キャンパスに建設される新しい施設は、革新的な新技術と、メモリーおよびシステム半導体の新たなウエハー製造プロセスに関する先進的な研究の旗振り役を務める、とサムスンは述べている。

 19日の起工式には、サムスンの副会長、李在鎔氏が出席した。贈賄罪で有罪判決を受け、8月15日に大統領恩赦を受けて以来、公の場に初めて姿を現した。

 サムスンの事実上トップである李副会長は起工式で、幹部と従業員に向け「40年前に最初の半導体工場の建設に着工したこの場所から、新たな挑戦に乗り出す」と語った。

 「次世代の製品と、その後に登場した製品に大胆な研究開発投資をしていなかったら、今日のサムスンの半導体事業は存在していなかった。先を見越して投資し、技術を重視する伝統を守らなければならない」

 新施設は、敷地面積10万9000平方メートルで、サムスンのキフンキャンパスに建設される。キフンキャンパスはソウルの南に位置し、韓国にある同社の3つの主要半導体製造施設の1つだ。華城(ファソン)とピョンテク(平沢)にあるキャンパスとともに、同社の最新チップを製造している。

 サムスンは6月、最新の3ナノメートル(nm)プロセスによるチップの量産を開始したと発表した。ここ数年の世界的なチップ不足により、顧客は在庫を積み増している。一方で需要の急増を受けてサムスンなどの受託チップメーカーは提供価格を引き上げることも可能になったことから、サムスンのチップ部門にとってチップ不足は好材料だった。

 サムスンのチップ部門は、2022年第2四半期の営業利益の3分の2を占めた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]