セガ、「スペースチャンネル5」と「コミックスゾーン」を映画化へ--ピクチャースタートと開発合意

 セガは8月20日、同社が発売したゲームソフト「スペースチャンネル5」(1999年)ならびに、「コミックスゾーン」(1995年)の2作品について、米国ピクチャースタートと映画作品開発の合意を発表した。

 「スペースチャンネル5」は、1999年にドリームキャスト向けにリリースされたミュージカルアクションゲーム。未来の宇宙放送局の新米リポーターが、謎の宇宙人によって踊ることを強いられた人々をダンスバトルで救出するストーリーと、全編を彩るレトロフューチャーな世界観が国内外で人気となった。

 映画製作に向けて、脚本はビリー・ボブ・ソーントンや、エバ・ロンゴリアが出演するクライムコメディ「ギャングバスターズ」(2012年 原題:THE BAYTOWN OUTLAWS)の監督・脚本を務めたバリー・バトルズ氏と、サウス・バイ・サウスウエストEmerging Visions賞ノミネートのSF映画「EXTRACTED(原題)」(2012年)の監督・脚本のニル・パニリー氏が手がける。

「スペースチャンネル5」
「スペースチャンネル5」

 「コミックスゾーン」は、1995年にメガドライブ用に発売されたアクションゲーム。自分が描いたコミック(漫画)の世界に迷い込んだ主人公が脱出をかけて戦うストーリーと、アメリカン・コミックのページ仕立ての世界観が高い評価を得たタイトル。

 映画製作に向けて、脚本はエミー賞受賞のHBO MaxオリジナルTVアニメシリーズ「ヤング・ジャスティス」や、「ヒックとドラゴン」のスピンオフテレビアニメシリーズ「Dragons: The Nine Realms」などの脚本を手がけるメイ・キャット氏が担当する。

「コミックスゾーン」
「コミックスゾーン」

 ピクチャースタートからは、Founder&CEOのエリック・フェイク氏、ロイス・リーブス=ダービー氏が両プロジェクトを統括。同社の経営陣でもあるサミー・キム・ファルベイ氏と共にプロデューサーを務める。

 セガからは、副社長Co-COOの内海州史氏が両プロジェクトを統括。映画「ソニック・ザ・ムービー」シリーズのプロデューサーであり、TVシリーズ「ソニックプライム」のエグゼクティブ・プロデューサーである中原徹氏がプロデューサーとして両作品に参加。また、「スペースチャンネル5」にはセガゲームディレクターの吉永匠氏、「コミックスゾーン」にはセガゲームプロデューサーの下村一誠が、それぞれ参加予定としている。

(C)SEGA

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]