ソーシャルメディアを「ほぼずっと」利用している10代の若者が倍増--米調査

Dan Avery (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年08月15日 13時31分

 Pew Research Centerの新たな調査によると、ソーシャルメディア中心の生活をしている10代の若者が、かつてないほど増えているようだ。調査結果では、「ほぼずっと」ネットにつながっていると回答した13~17歳の割合は、2014~2015年には24%だったのが今回は46%と倍近く増えている。黒人やヒスパニック系の10代ではこの割合がさらに高く、黒人では56%、ヒスパニック系では55%に達している。

美容商品を紹介するインフルエンサー
10代の約95%が「Youtube」を使用しているとし、19%が「ほぼ常に」同サイトにアクセスしていると回答。
提供:Peter Dazeley/Getty Images

 8年前に実施された調査の追跡調査である今回は、10代の若者1316人を対象に4~5月にかけて行われ、米国時間8月10日に公表された。半数を超える54%がソーシャルメディアの利用をやめるのは難しいと回答したが、特に15~17歳でその割合が高かった。

 2014年以降、スマートフォンの普及が進み、アプリやウェブサイトにアクセスしやすくなってきた。同研究所のレポートでは、13~17歳のうち95%がスマートフォンを利用しており、2014~2015年のレポートと比べて、この割合が22ポイント増加している。ノートPCやデスクトップPCを利用している割合(90%)とゲーム機を利用している割合(80%)は、ほぼ変わっていない。


約20%がYouTubeを「ほぼ常に」使用しているとしたのに対し、「Facebook」を使用していると答えたのはわずか2%だった。
提供:Pew Research Center

 この調査によれば、米国の若者が好んで利用しているプラットフォームは、「YouTube」で、95%が頻繁にアクセスし、19%が「ほぼずっと」YouTubeで動画を視聴していると回答している。対照的に、かつては若者文化に広く浸透した「Facebook」は支持を失い、Facebookを利用していると回答した割合は、2014~2015年の調査の71%からわずか32%にまで激減した。

 同研究所によれば、調査対象のうち、67%が「TikTok」を利用し、16%が「ほぼずっと」利用していると回答したという。「Instagram」と「Snapchat」はいずれも、60%近くに利用されている。「Twitter」を利用しているのは23%にとどまり、2014~2015年の33%から低下した。

Pew Research Centerの調査結果
10代の間でInstagramとSnapchatの利用が増加している一方、TwitterとFacebookへの関心は低下。
提供:Pew Research Center

 ソーシャルメディアの状況は、前回調査時から変化している。前回調査対象だった2つのプラットフォーム、「Google+」と「Vine」は今や存在せず、逆にTikTokは、以前には存在していなかった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]