米宇宙軍、「Falcon Heavy」にブースターの再利用を許可--偵察衛星打ち上げに向け

Eric Mack (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年08月15日 10時28分

 米宇宙軍は、Elon Musk氏率いるSpaceXに対し、偵察衛星を搭載した「Falcon Heavy」の次回打ち上げに、ロケットブースターの再利用を許可した。費用対効果をさらに高めることを目的としている。

Falcon Heavy
提供:SpaceX

 Bloombergは米国時間8月11日、米国防総省が、軍事衛星を宇宙に打ち上げるための「Falcon Heavy」の構成に、過去に使用したブースターを再利用することを認めたと報じた。

 米宇宙軍は過去に、「Falcon 9」ブースターの再利用を認めたことがある。軍関係者らは、新しいGPS衛星の打ち上げに使用済みブースターを再利用することによるコスト削減効果についても評価していた。

 Falcon Heavyは3機のFalcon 9を束ねて推進力を最大化することによって、積載能力を高めたものだ。Falcon Heavyが打ち上げられたのはこれまでに3回だけで、直近の打ち上げは2019年だった。

 現在SpaceXのミッションとして、米宇宙軍の3件を含め、少なくとも4回のFalcon Heavyの打ち上げが予定されている。そのうちの1回か2回は、2022年中に実施される可能性がある。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]