飲料補充をロボットに--ファミリーマート、AIロボット「TX SCARA」を300店舗に導入へ

 ファミリーマートは8月10日、Telexistenceが開発したAIロボット「TX SCARA」および、店舗作業分析システム「TX Work Analytics」について、主要都市圏にて展開するコンビニエンスストア「ファミリーマート」(300店舗)へと8月下旬より順次導入を開始すると発表した。



 TX SCARAは、店舗従業員への作業負荷の大きい飲料補充業務を24時間行い、これまで人間が行っていた飲料補充業務を完全になくすことを目的としたAIロボット。

 TX Work Analyticsは、店舗従業員が位置情報の発信機を装着し、店内に設置された受信機が位置データを認識することにより、各時間帯における業務・作業時間を可視化・分析できるシステム。これにより、店舗業務の一部をAIロボットが担うことを前提とした最適なワークスケジュールと人員配置を進め、店舗経費の低減とより質の高い店舗運営の実現できるという。



 同社では、今回のAIロボットと店舗作業分析システムの導入により、店舗人員を増やすことなく新たな時間を創出し、店舗の労働環境や売場の更なる質の向上、店舗の採算性の改善を目指すとしている。



CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]