「Instagram」のNFTサポート、100カ国に拡大

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年08月05日 08時13分

 Metaの最高経営責任者(CEO)であるMark Zuckerberg氏は米国時間8月4日、「Instagram」におけるNFT(非代替性トークン)のサポートを、さらに100カ国に拡大したことを明らかにした。Metaの発表によると、この機能によって、アフリカ、アジア太平洋、中東、米州のアーティストやコレクターなどが、Instagram上でNFTを共有できるようになるという。

Instagramのロゴ
提供:Sarah Tew/CNET

 Instagramは5月にNFTの試験導入を開始し、米国の少数のアーティストやコレクターがNFTを共有できるようにした。NFTとは、アート、音楽、さらにはツイートなど、ブロックチェーン技術を用いて所有権が証明される、一意性を持つデジタル作品だ。2021年には広く取引されるようになり、中には数十万ドル、さらには数百万ドルもの値が付けられるものもある。

 Metaは4日、Coinbase WalletとDapperを対応ウォレットに追加すると述べた。既に対応しているサードパーティーウォレットは、Rainbow、MetaMask、Trust Walletだ。InstagramでNFTを共有するには、対応するデジタルウォレットをInstagramに紐づける必要がある。

 Zuckerberg氏はFacebook投稿の中で、今回のサポート拡大を記念して、自身のリトルリーグ時代のベースボールカードをNFTにするとした。「Instagramにおけるデジタルコレクション可能なNFTのサポートをさらなる100カ国に拡大したことと、CoinbaseとDapperに新たに対応したことを記念して、私のリトルリーグ時代のもので、まもなくNFTになる予定の古いベースボールカードを公開する。ある人が最近見つけて私に送ってくれたものだ」(同氏)

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]