サムスン、ユーザー自身が「Galaxy」を修理できるプログラムを米で提供

Katelyn Chedraoui (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年08月03日 07時14分

 サムスンは米国時間8月2日、一部の「Galaxy」製品を所有するユーザー向けの新しいセルフリペアサービスの提供を米国で開始した。現時点では、「Galaxy S20」「Galaxy S21」「Galaxy Tab S7+」が対象となっており、ユーザーが部品、ツール、修理手順が示されたガイドを、直接自宅に送付するように依頼できる。

解体したスマートフォン
提供:Samsung

 対象製品のユーザーは、サムスン純正の部品および修理ツールを、自宅への直接配達、サムスン製品販売店での受け取り、または同プログラムでサムスンと提携するリペアガイドサイトiFixit経由のいずれかの方法で入手できる。またサムスン製品を所有するユーザーは誰でも、修理手順ガイドをオンラインで無料で参照できるようになる。

 同社は3月に、サステナビリティに向けた継続的な取り組みの一環としてこのプログラムを発表。セルフリペアプログラムは、所有する製品を長く使用できるようユーザーを支援することを目的としている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]