Twitter、日本を含む世界各地のオフィス縮小・閉鎖を計画

Dan Avery (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年07月28日 07時28分

 Twitterが、ニューヨークやサンフランシスコを含む複数の拠点でオフィススペースを縮小し、それ以外の拠点でオフィスを完全に閉鎖する可能性があると、Bloombergが米国時間7月27日に報じた。同報道で公表されたTwitterの従業員宛てのメモには、同社がニューヨーク、サンフランシスコ、東京、アイルランドのダブリン、インドのムンバイのオフィススペースを縮小する予定であることが示されている。

Twitter本社
提供:Getty Images

 さらにTwitterは、大阪、韓国のソウル、ドイツのハンブルク、スペインのマドリード、オランダのユトレヒト、南半球ではニュージーランドのウェリントンとオーストラリアのシドニーで、オフィスの閉鎖を検討している。

 Twitterの人材およびダイバーシティ担当最高責任者を務めるDalana Brand氏は、従業員宛てメモの中で、このオフィス縮小に伴う人員削減は一切ないと述べている。

 Twitterでは、第2四半期(4~6月)に、Twitterにログインして広告を見た可能性のあるユーザーの数(mDAU)が約2億3780万人を記録し、前四半期比で約4%増加、前年同期比では16%の増加となった。しかし、同社は7月22日に発表した決算報告の中で、同四半期に1株あたり35セントの損失を計上したと報告。この損失幅は、アナリスト予測の1株あたり9セントよりも大きなものだった。

 また同四半期の売上高は前年同期比1%減の11億8000万ドルで、アナリスト予測の13億ドルを下回った。なお同社は5月に新規採用を停止し、7月には100人近い従業員を解雇していた

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]