Twitter買収を「進められない」とするマスク氏のツイート、米SECが調査していた

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年07月15日 10時43分

 米証券取引委員会(SEC)が6月、Elon Musk氏に対し、440億ドル(約6兆1200億円)規模のTwitter買収計画に関するツイートの意図を明確にするよう求めていたことが分かった。問題になったのは米国時間5月17日のツイートで、Twitterのスパムアカウントおよび偽アカウントの数の根拠が開示されるまで買収を進めることはできない、と書かれている。

Elon Musk氏
Elon Musk氏
提供:Dimitrios Kambouris/Getty Images

 CNBCが7月14日に報じた6月7日付の書簡では、このツイートの情報に基づいて買収計画に関する書類を修正するようMusk氏に求めるSECの合併・買収担当部署からの要請に、同氏の弁護士Mike Ringler氏が回答している。

 SECは書簡で次のように述べている。「2022年5月27日に、Elon R. Musk氏がTwitter買収の保留に言及し、『この取引を進めることはできない』とTwitterのフィードで公言したことに注目している。『できない』という言葉は、Musk氏とその関係者が、合併契約の条件に基づく法的権利を行使して、Twitter買収の完了を延期するか、それができなければ買収完了を意図していないことを示唆している」

 Ringler氏はこれに対して、「スパムアカウントおよび偽アカウントを評価するために情報の入手を望んでいたものの、その時点で買収案に関する計画や提案に実質的な変化はなかった」ため、Musk氏はそのツイートによってSECへの提出書類の修正が必要になるとは思わなかった、と回答している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]