NASAの写真コンテスト「Photographer of the Year」、各部門の入賞者を発表

Amanda Kooser (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年07月12日 11時58分

 世の中には、愛らしい野生動物や天体をテーマにした素晴らしい写真コンテンストがある。米航空宇宙局(NASA)の「Photographer of the Year」もその1つだ。同コンテストは、NASAで働いている写真家の業績を称えることを目的としている。

 NASA本部の写真部門は米国時間7月6日、4回目となるこのコンテストの入賞者を発表した。その写真を見ると、NASAでいかにさまざまな取り組みが行われているのかが分かる。しかも、どの写真も実に美しい。なお、このコンテストは「ドキュメンテーション」「ポートレート」「人」「場所」という4つの部門で構成されている。

 写真家のNorah Moran氏は、月や火星の地表を模してジョンソン宇宙センターに作られた岩場で夜間に月面地質調査のテストをしている2人のスタッフを捉えた魅力的な写真で「ドキュメンテーション」部門のトップに輝いた。将来月を探査する宇宙飛行士は、月面の地質を調査することになっている。

Norah Moran氏の写真
提供:NASA/Norah Moran

 写真家のJosh Valcarel氏は、宇宙飛行士のThomas Marshburn氏に宇宙服を着用してポーズを取ってもらい、光が印象的なモノクロのポートレート作品を完成させた。Marshburn氏は2021年、「Space X Crew-3」のミッションで国際宇宙ステーションに滞在し、多忙な日々を過ごした。

Josh Valcarel氏の写真
提供:NASA/Josh Valcarel

 写真家のDenny Henry氏は2021年の半ば、メリーランド州にあるゴダード宇宙飛行センターで、工学技術者のRyan Fischer氏が宇宙船の振動試験に使われるテーブルを準備している様子を撮影した。NASAの宇宙船開発の裏でこのような肉体労働が行われていることを示したこの写真は、「人」部門で最優秀賞を獲得している。

Denny Henry氏の写真
提供:NASA/Denny Henrty

 「場所」部門の最優秀作品は、まるでSF映画のCGIのようだ。写真家のDominic Hart氏は、米海軍のアクロバット飛行隊Blue Angelsの隊員らがカリフォルニア州のエイムズ研究センターにある風洞施設「National Full-Scale Aerodynamics Complex」を見学している様子を、印象的な構図で捉えた。施設がまるで人々を見下ろすかのようにそびえ立っている。

Dominic Hart氏の写真
提供:NASA/Dominic Hart

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]