アップル「iPhone 14」の登場はいつ?--過去の傾向から発売日を予想

Sareena Dayaram Patrick Holland (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2022年07月11日 07時30分

 「iPhone 14」は、Appleの次のフラッグシップ機で、2022年に登場するとみられている。この次期iPhoneのデザインや価格、新機能については、さまざまなうわさが飛び交っているが(「Touch ID(指紋認証)」が復活し、ノッチレスがついに実現するとのうわさもある)、開発サイクルの現段階において、リーク情報やうわさの大半は眉唾物とみなすべきだろう。「iPhone 13」のうわさの多くも、結局は誤りだった。

iPhone
提供:Stephen Shankland/CNET

 次期iPhoneの発売日に関するうわさはまだない。iPhoneの最新モデルが発表されることが多いAppleの秋のイベントの開催日は、まだ発表されていない。Appleは通常、9月に年次のiPhone発表イベントを開催し、そのすぐ後に最新モデルを発売する。

 新型iPhoneの発表は、9月の第1火曜日か第2火曜日に行われることが多い。2021年は14日(火)にiPhone 13シリーズが正式に発表された。その後、17日に先行予約の受付が開始し、24日に販売開始となった。iPhone 14の場合、秋のイベントが開催されるタイミングとして可能性があるのが、6日(火)か13日(火)のいずれかだ。通常、iPhoneの先行予約受付は、発表された週の金曜日に開始されるので、iPhone 14の先行予約受付は9日(金)か16日(金)のいずれかに開始されるのではないだろうか。

 iPhoneは通常、Appleの発表から1週間半後に発売される。特定のモデルが別の日に発売されることもある。新しいデザインやサイズが導入された場合は、そうしたことがよくある。したがって、iPhone 14のラインアップは、モデルによって発売日が異なる可能性もある。

 数年前から流れている別の説もある。米CNETは2018年、Appleのイベントのスケジュールを詳細に調べ、説得力のある労働者の日(9月の第1月曜日)を基準にスケジュールを立てているという説得力のある仮説を立てた。2022年のカレンダーにこの労働者の日の仮説を適用すると、9月のAppleイベントの開催日(とiPhone 14の発表)は7日(水)、発売日は16日(金)となる。とはいえ、この仮説に基づく予測は、2021年には1週間ずれ、2020年には新型コロナウイルスの影響により約1カ月ずれた。

 iPhoneのうわさについてさらに詳しく知りたい人は、うわさをまとめたこちらの記事や、折りたたみ式iPhoneが登場する可能性についても考察したこちらの記事を参照してほしい。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]