サムスン、スマホ向け2億画素イメージセンサー「ISOCELL HP3」--さらに小型化

Cho Mu-hyun (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年06月24日 11時19分

 サムスンは米国時間6月23日、スマートフォンのカメラ向けに最新の2億画素イメージセンサー「ISOCELL HP3」を発表した。

 ISOCELL HP3は、0.56マイクロメートルの大きさのピクセル(画素)を2億個搭載している。この画素サイズは、2021年に発表したサムスン初の2億画素イメージセンサー「ISOCELL HP1」で採用した画素の0.64マイクロメートルより12%小さい。

 このように画素サイズを小さくしたことで、カメラモジュール全体のサイズも前モデルのISOCELL HP1より最大20%小型化できるとしている。

 ISOCELL HP3には、サムスンによる4相の位相差検出オートフォーカス技術「Super QPD」も搭載されている。同社によると、センサーの全2億画素で水平と垂直の両方向の位相差を比較するという。

 これにより、さらに高速かつ正確なフォーカスが可能になり、撮影した画像の全領域で解像度が鮮明になるとしている。

 ISOCELL HP3はまた、8Kで30fps、4Kで120fpsの動画撮影にも対応する。

 さらに、「スタッガードHDR(Staggered High Dynamic Range)」機能により、暗い部分と明るい部分のコントラストが強い写真を撮影すると、長露光、中間露光、短露光の3つのフレームを合成してより鮮明な画像を得るという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]