「Vivaldi」ブラウザー、内蔵メールクライアントを正式リリース

Jack Wallen (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年06月10日 13時27分

 パワーユーザー向けウェブブラウザー「Vivaldi」に、本格的なメールクライアント「Vivaldiメール」が組み込まれた。これによりユーザーは、ウェブベースのメールクライアントを利用したり、デスクトップ上でさらに別のアプリケーションウィンドウを操作したりする必要がなくなる。

 Vivaldiメールには、以下のような機能がある。

  • IMAPとPOP3のほか、Googleの「Gmail」、Appleの「iCloud」、Microsoftの「Outlook」のサポート
  • ラベル、フィルター、強力な検索ツール
  • 未開封/未読カウンター
  • カスタムキーボードショートカット
  • フィードリーダーの標準搭載
  • 既読メール、メーリングリスト、カスタムフォルダー、フィード、迷惑メール、ゴミ箱の表示/非表示
  • 検索設定の保存
  • メッセージキューイングと一括送信
  • 「Vivaldiカレンダー」との統合による招待メール管理

 Vivaldiの最高経営責任者(CEO)を務めるJon von Tetzchner氏は、「Vivaldiメールは、独創的でシンプル、かつ信頼できるコミュニケーションの形を具現化している」として、さらに次のように述べた。「電子メールは時に無秩序で散らかってしまいがちだが、Vivaldiメールならメールを整理して操作しやすい状態に保てるため、ユーザーが仕事を片付ける上で必要なパートナーとなる」

 この新しいメールクライアントはVivaldiの左サイドバーに常に表示されているので、必要に応じてブラウザーのタブで開くことができる。不要なときはタブを閉じるだけでいい。

 Vivaldiメールのサイドバー
図1 Vivaldiメールのサイドバー
提供:Jack Wallen
 Vivaldiメールの画面
図2 使いやすいインターフェース
提供:Jack Wallen
 Vivaldiの設定画面
図3 Vivaldiの設定画面
提供:Jack Wallen
 Vivaldiのメール設定画面
図4 Vivaldiのメール設定画面
提供:Jack Wallen
 Vivaldiのメール手動設定画面
図5 メールサーバーが設定を自動検知しない場合は手動設定が必要だ
提供:Jack Wallen
Vivaldiメールのアカウント追加画面
図6 Vivaldiメールのアカウント追加画面
提供:Jack Wallen

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]