「WatchOS 9」発表、フィットネス機能や睡眠トラッキングが向上

Lisa Eadicicco (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2022年06月07日 10時41分

 Appleが「Apple Watch」の次期メジャーソフトウェアアップデート「watchOS 9」を発表した。同社は米国時間6月6日、年次会議「Worldwide Developers Conference(WWDC)」でこれを紹介し、ランニング用の新たなフィットネス機能や、睡眠トラッキングの向上、服薬トラッキングアプリ、新たな文字盤を紹介した。

Apple Watch Series 7
Apple Watch Series 7
提供:Lisa Eadicicco/CNET

 watchOS 9は、「Apple Watch Series 4」以降を対象に、今秋リリース予定だ。開発者向けプレビュー版はただちに利用可能で、パブリックベータ版は7月に提供開始となる。

 watchOS 9では、ランナーが自身のパフォーマンスをよりよく理解し、ケガのリスクを軽減できるよう、Apple Watchに新たな指標が追加される。例えば、上下動、歩幅の長さ、接地時間といった指標だ。

 また、「心拍数範囲」によって、ワークアウトの強度をより深く理解できるようになる。さらに、ワークアウトの種類に新たに「マルチスポーツ」が加わり、トライアスリートはランニング、サイクリング、スイミングを簡単に切り替えられるようになる。

 Appleはそのほか、睡眠ステージのデータを追加し、睡眠分析の向上を図る。このデータでは、レム睡眠、コア睡眠、深い睡眠をとった時間が分かる。

 新たな服薬アプリでは、服薬リストを作成し、特定の薬やビタミン剤を服用するための定期的なリマインダーを設定できる。

 Canalysのレポートによると、Appleは2022年第1四半期に、ベーシックウォッチとスマートウォッチの出荷台数で28.9%を占めた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]