「Appleウォレット」、新機能「Apple Payで後払い」を米国で提供へ

Zachary McAuliffe (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年06月07日 09時45分

 Appleが「Appleウォレット」に置き換えようとしているのは、物理的な財布だけではない。同社は米国時間6月6日、後払いシステム「Apple Payで後払い」の米国における導入など、Appleウォレットに対する複数のアップデートをWorldwide Developers Conference(WWDC)22で発表した。これによって同アプリはより使いやすくなり、さらに普及する可能性がある。

「Apple Payで後払い」を紹介するCorey Fugman氏
「Apple Payで後払い」を紹介するCorey Fugman氏
提供:Apple/Screenshot by James Martin/CNET

 「『Apple Payで後払い』により、『Apple Pay』の支払いを利息や手数料なしで6週間にわたる4回払いに分割できる」と、AppleウォレットとApple Pay担当のシニアディレクターを務めるCorey Fugman氏はWWDCで述べた。「その後の支払いはウォレットで管理されるため、いつまでにいくら払わなければならないかを管理し、予算の範囲内にとどまることが簡単にできる」(同氏)

 「Apple Payで後払い」は、オンラインとアプリ内を含めてApple Payが使える場所で利用可能になる予定だ。開発者や販売業者に対する追加料金は発生しない。「Apple Payで後払い」による決済の仕組み(つまり、Appleが商品の代金を先に全額支払って、ユーザーはAppleに代金を後払いすることになるのかどうか)については、説明はなかった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]