AWA、音声ライブ配信事業に参入--収益化機能も一般開放

 AWAは6月1日、音楽ストリーミングサービス「AWA」の音声ライブ配信機能、ギフティングによる収益化機能を全ユーザー向けに開放したと発表した。両機能はこれまで、アーティストや一部のユーザーのみ利用可能だった。

Loungeは現時点ではアプリのみの提供となる
Loungeは現時点ではアプリのみの提供となる

音声ライブ配信、収益化機能は共に「LOUNGE」と呼ばれる、サービス内の仮想空間で利用できる。通常の音楽サブスクリプションであれば、レーベルや著作権管理団体などを介して楽曲をリスナーに届けることになるが、LOUNGEでは「路上ライブのチップ」のようにギフティングでき、アーティストやクリエイターを直接支援することができるという。

Loungeのシステム
Loungeのシステム

 また、音声ライブ配信機能は音楽サブスクリプション初の「正規音源を流しながらの音声ライブ配信」ができるサービスという。収益化機能との組み合わせで、クリエイターとリスナー双方が感情を共有しやすく、対価をフィードバックしやすい環境を構築するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]