ウォルマート、ドローン配達を6州の400万世帯へ提供拡大--最短30分で自宅に届く

 Walmartは、米国で実施しているドローン商品配達サービスの対象地域を拡大し、2022年中に6つの州の400万世帯で利用可能にすると発表した。ドローン宅配サービスを手がける、DroneUpの協力を得て取り組む。

6州の400万世帯を対象に(出典:Walmart)
6州の400万世帯を対象に(出典:Walmart)

 これまでWalmartは、ノースカロライナ州など一部地域でドローンによる商品配達を試験的に実施していた。これを、アリゾナ州、アーカンソー州、フロリダ州、テキサス州、ユタ州、バージニア州の6州でも提供していく。

 顧客が日用品や食品などを注文すると、最短30分で自宅などに届けられる。配達できる商品の総重量は10ポンド(約4.5kg)まで。送料は1回3.99ドル(約508円)。8時から20時まで利用できる。

ドローン宅配サービスのDroneUpが協力(出典:DroneUp)
ドローン宅配サービスのDroneUpが協力(出典:DroneUp)

 Walmartは、年内に34地域を対象エリアとして、400万世帯へのドローン配達を実施する計画。最終的に、1年間で100万回以上の配達が可能な体制を構築するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]