ドコモ、緑色のnanoSIMとケータイの組み合わせで「位置情報」機能に不具合

 NTTドコモは5月26日、4月18日に提供を開始した「ドコモnanoUIMカード Ver.7(グリーン)」と、一部のドコモケータイ(フィーチャーフォン)との組み合わせにおいて、「ドコモ位置情報」機能が動作しなくなる問題が発生したと発表した。

 この問題により、緊急通報(「110」「118」「119」)時に通知する位置測位精度が下がるという。また、「イマドコサーチ」や「ケータイお探しサービス」が利用できなくなるほか、ドコモ位置情報の設定自体ができなくなるとしている。対象となる端末は、F-01M、F-03L、F-02J、F-05G、SH-03L、SH-02L、SH-02K、SH-01J、SH-03H、SH-06G、P-01J。

 同社では、ドコモショップにて当該事象が発生しない「ドコモUIMカード」と無償交換するという。また、F-01M、F-03L、SH-03L、SH-02Lの4機種については、2022年7月を目途に提供するソフトウェア更新にて解消する見込みとなっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]