Visaのタッチ決済で改札通過--福岡市地下鉄で実証実験

 三井住友カードは5月24日、ビザ・ワールドワイド・ジャパン、日本信号、QUADRACと福岡市地下鉄において、同社が提供する公共交通機関向けソリューション「stera transit」を活用し、Visaのタッチ決済による一体型改札機通過に関する実証実験を5月31日より実施すると発表した。


 決済プラットフォーム「stera」は、キャッシュレス導入に際した課題を解決するため、同社がGMOペイメントゲートウェイ・GMOフィナンシャルゲートおよび、Visaと共同で構築した事業者向け決済プラットフォーム。stera transitは、steraの決済プラットフォームと国際ブランドの非接触決済「タッチ決済」を活用した公共交通機関向けソリューションとなる。

 同実験では、福岡市地下鉄の一部の駅に交通系IC/タッチ決済の両方が利用できる一体型自動改札機を設置。事前購入・チャージを行わずに、手持ちのタッチ決済機能付きカードで決済できる。


 実証期間は、5月31日から2023年5年2月28日(予定)。対象駅は、福岡空港、東比恵、博多、祇園、中洲川端、天神、呉服町。

 対象者は、タッチ決済機能付きカード(クレジット、デビット、プリペイド)やスマートフォンなどの所有者。

 現在、対応する決済ブランドはVisaのみだが、対応ブランドについては検討する予定だという。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]