パナソニック、マイクロプリズムが生み出す心地よい屋外照明「ルミロ」

加納恵 (編集部)2022年05月24日 08時30分

 パナソニック エレクトリックワークス社は5月23日、眺めていたくなるような心地のよい光を目指した屋外照明「llumiro(ルミロ)」を発表した。光源であるLEDの光を「導光ロッド」が周囲に放つことで、美しくきらめく光やライン状の光などを再現する。街頭や商業施設などBtoB用に提供する予定で、発売日は6月1日。光り方の異なる4タイプ、2サイズをそろえ、税込価格は8万8000円〜になる。

「llumiro(ルミロ)」
「llumiro(ルミロ)」

 llumiroは、パナソニックが展開する照明器具シリーズ「スマートアーキ」の新製品。飲食店などを誘致した公園の開発計画や、街づくり計画などが国内各地で進められる中、夜間も人を集め滞在時間を長くするための空間づくりの1つとして、心地のよい光を目指して開発された。

 導光ロッドは、透明な円柱形で、表面にマイクロプリズム約2万個をちりばめているとのこと。マイクロプリズムは光を任意の方向に反射、屈折させられ、これらの形状と配置により、導光ロッドの光り方をデザインできる。

「llumiro」導光技術のポイント
「llumiro」導光技術のポイント
「導光ロッド」
「導光ロッド」

 llumiroでは、中央部に光の核を集めた「Core type」、降り注ぐ光の濃淡をイメージした「Gradation type」、星屑のような光の粒を表現した「Twinkle type」、光のラインを表した「Line type」と4タイプを用意。オフィスにはGradation type、ホテルにはTwinkle typeなど、空間の雰囲気に合わせて選択できるようにしているとのこと。

左から、中央部に光の核を集めた「Core type」、降り注ぐ光の濃淡をイメージした「Gradation type」、星屑のような光の粒を表現した「Twinkle type」、光のラインを表した「Line type」
左から、中央部に光の核を集めた「Core type」、降り注ぐ光の濃淡をイメージした「Gradation type」、星屑のような光の粒を表現した「Twinkle type」、光のラインを表した「Line type」

 本体は植栽に馴染む350mmタイプとより広範囲を照らす650mmタイプの2タイプを用意。光のバリエーションに加えて、高さ違いのものをラインアップする。

 今回のマイクロプリズムは、プリズム密度に差をつければ、そこに光源があるかのような発光ができ、自由に光をデザインできることが特徴。プリズム角を最適に設計することで、視線方向への光を抑制しながら周囲を照らす、「眩しくない」明かりを実現する。前面側プリズムと背面側プリズムにより、光の重なりがきらめきも映し出す。

 パナソニックでは、スマートアーキシリーズを2004年から展開。導光板を採用した照明機器として薄型フォルムで、発光面の輝度を抑えながら広範囲を均一に照らせる「ブロードウォッシャー」や600グリッド天井を活かして自由なレイアウトができる「Architectural Square + Type」を展開している。

「ブロードウォッシャー」
「ブロードウォッシャー」

 製品名のllumiroは、空間を演出するという意味の「illuminate」と「導光ロッド」の形状を表す「rod」を組み合わせた造語。シリーズ全体で年間1万台の販売を目指すとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]