JTOWER、大江戸線の都庁前駅で5G環境を整備--インフラシェアリング活用、国内初

 JTOWERは5月20日、都営地下鉄大江戸線都庁前駅にて、インフラシェアリング方式による第5世代移動通信システム(5G)の電波環境整備を実施し、5月21日からサービスを開始すると発表した。インフラシェアリング方式による5G電波環境整備は、国内初の試みになるという。


 東京都交通局では、デジタル技術を積極的に活用し、利便性向上を図る取り組みを進めている。その一環として、大江戸線都庁前駅構内の5G整備にあたり、アンテナなどの必要機器の整備、検証などを行う協力事業者の募集を実施していた。

 JTOWERは、当該協力事業者に選定され、2021年8月に「大江戸線都庁前駅構内における5G試行整備及び検証等の事業に係る協定」を締結。今回、大江戸線都庁前駅構内の5G電波環境整備を実施することになった。なお、整備のほか、検証、運用も担うという。

 同社によると、インフラシェアリングの活用により、省スペース、省電力化に加え、資材や工事工数が削減できるという。これにより、環境に配慮したより効率的なネットワーク整備が実現できるとしている。

 5月21日から、まずはNTTドコモの5Gサービスを開始。今後順次、その他携帯キャリアのサービスを開始していく予定。

キャプション

 なお同社は、2020年に5G Sub6帯域に対応した共用装置の開発を完了。2020年11月に東京都庁第一本庁舎にて、国内初となるインフラシェアリングによる5G電波環境整備を実施しており、導入予定を含めた物件数は3月時点で75件まで拡大している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]