NTTデータ、自動運転時代に向けた観光MaaS--6月15日に沖縄でベータ版リリース

 NTTデータは5月20日、観光MaaS「モビコマ」のベータ版を、6月15日から沖縄で開始すると発表した。

キャプション

 モビコマは、自動運転時代を見通して車内空間でのサービス提供に特化した観光MaaSサービス。車内に複数設置した専用タブレットを通して、同乗者全員が同じ情報を共有しながら、旅のプランを自由に設定できたり、キャラクターから位置情報や目的地を元としたおすすめスポットの情報が届いたりと、移動中の車内をより快適で楽しく過ごすことができるという。





 レンタカーやカーシェア事業者がモビコマを導入すれば、ただの移動手段の提供にとどまらない顧客への新しい付加価値の提供や、車内の顧客接点を生かした新たな収入源の創出が可能になるという。

 なお、オリックス自動車、JTBコミュニケーションデザインと協業し、6月15日~9月30日、同サービスを提供する。対象者は、一般旅行客数千人を想定。オリックスレンタカー那覇空港店のレンタカーに同サービスを導入する。そのほか複数の他事業者と導入を調整しているという。

 NTTデータは2023年度の商用化に向けて、レンタカー、カーシェア事業者や観光事業者、自治体と調整を重ね、複数社への導入や対象エリアの拡大を目指す。また、自家用車への展開や自動運転車への搭載に向けて、自動車会社とも検討を進めていく。

サービス紹介動画


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]