Google、定額制「Google Play Pass」の日本サービスを開始

佐藤和也 (編集部)2022年04月28日 17時30分

 Googleは4月28日、数百以上のアプリやゲームをいつでも利用できる「Google Play Pass」の日本サービスを開始した。価格は月額600円(税込)、または年額5400円(税込)。1カ月の無料トライアルが設けされている。

 Google Playストアアプリに順次追加されるGoogle Play Passを定期購入することにより、41カテゴリで数百種類のアプリやゲームが楽しめるというもの。Googleファミリー グループを使用すると、Google Play Passの定期購入を最大5人のファミリーメンバーと共有できる。

 スポーツ、パズル、アクションゲームなどが用意されており、「信長の野望・武将風雲録」、「ベリーリトルナイトメア」、「ねこあつめ」、「冒険ダンジョン村」といった国内タイトルをはじめ、「Monument Valley」、「Cytus II」、「Stardew Valley」といった海外発のタイトルまでプレイすることができる。

 今後も毎月新しいゲームやアプリをコレクションに追加。「モンスターハンターストーリーズ」を近日中に、「FINAL FANTASY VII」を2022年夏から秋頃にPlay Passに登場予定としている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]