「Google Play」ストア、何年も更新されない古いアプリを非表示に

David Lumb (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年04月08日 10時28分

 Googleは、「Google Play」ストアを整理する新たな措置を講じる。「Android」の最新リリースから2年以上経過してもAPIレベルがアップデートされないアプリを非表示にし、ユーザーがダウンロードするのを防ぐ。

Google Play
提供:Google

 Google Playで定められている既存の要件によると、アプリ開発者は、最新バージョンのAndroidのAPIレベルに対応するアップデートを、最新バージョンのリリースから1年以内に公開することになっている。そのため、2021年10月にリリースされた「Android 12」の場合、この要件に従うには、2022年10月までにアプリをアップデートしなければならない。そして今後は、Googleの新たな要件により、2023年10月までにアップデートされなければ、アプリのターゲットAPIレベルより高いバージョンのAndroidを搭載するデバイスでは表示されなくなる。

 Googleの公式ブログによると、ユーザーが古いバージョンのアプリをダウンロードしたことがある場合は、今後もその古いバージョンをインストールできる。

 新たな要件は、古いバージョンのアプリに存在するかもしれない脆弱性からユーザーを保護するのに役立つという。新ポリシーが発効するのは2022年11月1日で、開発者にはアップデートを用意する時間が与えられる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]